データを駆使した軸馬予想を無料で公開中!軸馬は2002年から継続して、単勝64%、複勝90%以上です(いつの間にか10年超えてた^^;)皆様の投資競馬のお役に立てたら幸いです。90%軸馬でハッピーになって下さいね。  ※本家「90%軸馬」は私のこのブログです。最近増えてきた類似、もしくは「90%軸馬」の検索キーワードだけを謳った、私となんの関係も無いキーワードパクリサイトにご注意下さい。
3月9日(日)の90%軸馬
2014年03月09日 (日) | 編集 |
応援よろしくお願いします!!
人気ブログランキング  競馬ブログランキング

※aya様、コメント欄にて
ご質問の回答をいたしました。

みなさん、こんばんわ^^
相互リンク募集してます。

明日9日(日)の90%軸馬は、
いませんでした。

ちなみに過去のデータの統計上、
85%の確率で3着に入る軸馬は、

阪神 4R-8番  です。
トラバント  小坂

ちなみに過去のデータの統計上、
80%の確率で3着に入る軸馬は、

中山 3R-16番

中山 5R-7番

中山 11R-10番

阪神 10R-6番  です。

明日は、90%軸馬が出現しませんでした。
85%は平場でオープンまで行った馬が、
障害の未勝利戦で出走です。
前走の障害デビューは2着と言う事で、
叩き2走目の今回は、勝ちきって欲しいですね。

ちなみに80%軸馬の中で一番85%軸馬に近い馬は、
中山11Rのトゥザワールドです。

参考までに。

おやすみなさいzzZ

~~~「90%軸馬の選定方法大公開」のお知らせ~~~

当サイトの90%軸馬の抽出方法の全てを記載した
PDFファイルのE-BOOKの購読を、再開しております。

こちらのページに、ご購読までの手順を記載しておりますので、
興味のある方はどうぞ、ご覧くださいませ。

~~~訪問者様へ~~~
リンクにある「お小遣いサイト副収入データサイト」
アップしている月10万円稼ぐ方法の無料レポート大幅更新しました。

お小遣いサイトを利用して、
最小の手間で最大の効率を得る方法を書きました。
コツコツとお金を稼ぎたい方は、
どうぞリンクのハッピーお小遣いを訪問していただき、
PDFのレポートをダウンロードして副収入を得て下さい。
皆さんのお小遣いや、家計の足しにぜひして下さい。
無料レポートスタンドに登録してる訳ではなく、
 独自のHPにレポートを貼り付けているだけですので、
 簡単にダウンロード出来ます。

来週90%軸馬が出現する事を願って、
おやすみなさいzzZ
~~~~~~~~~~~お知らせ~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト
テーマ:競馬予想
ジャンル:ギャンブル
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/10(Mon) 11:58 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/10(Mon) 14:22 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/11(Tue) 15:59 |   |  #[ 編集]
aya様、ご質問の回答になります。

12/23頁 下部
移動平均○日線より・・ある事

ギリギリのラインの画像で申し訳ありません。
実体だけでは無く、
ひげも○日移動平均線に触れていているものは対象外です。


12/23頁
前日以外の過去の5日間の・・・株価の方が上

>過去の5日間とは、当日を含まない5日前という
>解釈で宜しいでしょうか?

はい、当日は含みません。

>下の右のチャートでは、○で囲んだ足が当日で
>底値は、前日から5日目の陽線上ヒゲの足が
>底値に見えます。

12ページの下部の右の図は、5日線に触れている偽底値、
騙しだったパターン
(後日もズルズル下がる可能性の高いパターン)
の一例を示したチャートですので、
翌日以降に底値更新しています。

>株価が上というのは、どういう意味でしょうか?

底値と株価と言う言葉を分けて使ってしまい混乱されたかと思います。
申し訳ありません。「底値が上」の解釈でお願いします。


2/23頁
前日の株価と同じ・・・であったり前日より高値と安値が小さいチャートだと消し

>1.高値と安値とは、高値と安値どちらとも前日の
>足より大きいということで宜しいでしょうか?
>どちらか一方では、消しということで宜しいですか?
>これは、ヒゲで大きくなっても宜しいでしょうか?

高値か安値、どちらか一方が前日より大きければ、OKです。

>2.下の右のチャートでは、消しの条件の前日より
>高値と安値が小さいの条件に
>当てはまっているということで宜しいですか?

はい、高値は前日より低い(小さい)ですが、
安値が前日より超えています。

>上の前日、当日が底値はOK(理想的)のチャートでは
>安値が前日の足より小さいように見えます。

高値の方が前日より上まわっていますので、ОKです。

>3.前日の株価のラインの意味が分かりません。

前日と当日の高値と高値、安値と安値を線で引っ張って、
せばっまているか「>」、同じか「=」、広がっているか「<」を
当時目視で確認していました。その線をラインと呼んでいました。

高値か安値のどちらかが、
高値なら前日より高いか、安値なら前日より安いか、
値の数値を見て確認してもらっても判別は出来るかと思います。


>14/23頁
>白ヒゲルールのパターン1
>これは、前日より高値と安値が小さいチャーに
>なりませんか?

先ほど書きました様に
高値か安値、どちらか超えていればОKですので、
パターン1ではヒゲの安値が前日より超えています。

>白ヒゲルールのパターン2
>これも前日より高値と安値が小さいチャーに
>なりませんか?

先ほど書きました様に
高値か安値、どちらか超えていればОKですので、
パターン2ではヒゲと実体の高値が前日より超えています。

>だんだん私の解釈が間違っている
>気がしてきました・・・

消しのパターンの説明の最初の時点で、
はらみ線の意味とどういう形かを知っていなければ、
解釈が難しかったかもしれません。


>17/23頁中段

>※自分で数値を入力し・・
>・・・証券・・。

>・・・の達人では、毎日・・・の
>銘柄が載っていますが
>・・・証券のスクリーニングの結果と
>違うように思えます。

>スクリーニングのサイトで違うんでしょうかね?
>まあ、これはご存じないと思いますが・・。

私が当E-BOOKを書いた時点が8年前の2006年で、
証券会社の用意しているスクリーニングも仕様が変わって来ています。

適当な事は言えませんが、ボリュームレシオの計算も
旧型の70%で底値圏、450%で天井圏、
新型の20%で底値圏、80%で天井圏と

証券会社、スクリーニングサイトで
新型、旧型と採用している方式が違いますし、

乖離率も、一般的には25日ですが、○○氏は26日ですので、
微妙に抽出結果が変わるのは、そう言った事からかも知れません。

そして、抽出された銘柄を盲目的に買うのは大怪我をします。
○○氏がされている様に、
悪材料のニュース等のファンダメンタル分析は必須です。

2010年の経営破たんしたJAL、2011年の東電等、
毎日抽出されていましたが、
ざっくりでもニュースを見て会社をとりまく状況を知っていれば、
上がる(買える)要素など無い事が分かりました。


>データ抽出一覧
>5/5頁
>連続・・・・・銘柄は・・・初日のみ買います。

>これは、例えばある銘柄が2日連続・・・中で、
>1日目にスクリーニングをしなかったので、
>買いの条件に合致していると気づかず
>2日目にスクリーニングをして買いの条件に
>合致していると気づいた場合、
>当然1日目も買いの条件に合致していたかは、分からないと思います。
>毎日スクリーニングを行うことが、大事ということで
>宜しいでしょうか?

私の書いたスクリーニング方法は、
底値圏からの買いを目的とした○○の、ズバリ「底」とはどこか?を
見つけ出す事を目的としていますので、
抽出された初日を逃すと、
1日違いでも既にかなり値上がってる事もあります。

そして手仕舞い条件が○%利益、○%損失としています。
どの位値上がるかは誰にも分かりません。
10%かも知れませんし、300%かも知れませんし、
手仕舞いギリギリの%かもしれません。

初日に買っていれば、ギリギリ利益に到達で
手仕舞いで出来たかも知れないのに、
初日以外で買って、利益に届かず失速して損失で手仕舞いでは、
悔しくて寝るに寝れない1日となります。

スクリーニングを始めたら日課にするのが良いかと思います。


追加特典その1

>3/9頁上部

>ボリンジャーバンドー○○のラインを終値が
>下回っている銘柄

>これは終値が○σと○σの間にあるということで
>宜しいでしょうか?

E-BOOKを書いた2007年時では、
その解釈でОKでした。

この「中底」を探るボリンジャーバンドと○○の組み合わせは、
このE-BOOKを書いた時代背景時にかなりマッチした方法でした。
2007年時の相場全体の時代背景とは、
90%銘柄が中々抽出されない、小幅な値動きの揉み合い相場時です。

この中底は「90%銘柄が全然抽出されないんだけど?」
と言う声を頂いて、追加特典として書いた物です。

つまり、90%銘柄が抽出される様な時期は、
相場全体が大きく下落基調の状況の場合が多く、
「中底」で反発せず、そのまま下落を続けて
90%銘柄が出現する「大底」まで落ちる可能性が高くなり、
(反発せず-2σ以上を続ける、通称:ボリンジャーウォーク状態)
平均結果より成績が悪くなる事が多々あります。

具体的に言えば、2008年、2009年の
リーマンショック、サブプライム問題時のすさまじい下落相場時では、
ずーっとボリンジャーウォークが続いていました。

E-BOOKを書いた2006、7年時には、
100年に1度といわれる金融ショックが翌年に起こるとは
思いもしませんでした。

ただ、○○の達人の検証結果にあります様に、
ボリンジャーバンド+他のテクニカル指標を組み合わせる事で、
小幅な値動きの揉み合い相場時では、
ボリンジャーウォークになるのか、反発するのか
騙しの回避がある程度出来、勝率の向上に確実に繋がり、
90%軸馬が出現しない時の、補助投資として機能するかと思います。

そして、投資を行う時には、○

>6/9頁
>この○○のスクリーニングで
>何か発見がございましたでしょうか?

このE-BOOKを書き、購読終了した後、
スクリーニングとシステムトレード検証ソフトである「イザナミ」を購入し
使いまくってました。
90%軸馬のリンク内に「ハッピースイングトレード研究所」と言う
私のサイトがありますが、そのサイト内の検証結果は、
イザナミで検証した結果の一部の公表です。

当日のチャートが白○○であるかを設定し、
その時のテクニカル指標で勝率が高いものがどれかを検証とか
すぐに出来ますので、私の中で、○○のスクリーニングより、
イザナミでのスクリーニングの方が何倍も有益と判断しましたので、

○○のスクリーニングは一端封印し、
イザナミにて株式投資銘柄発掘の研究を行っているのが現状です。
イザナミのスクリーニング機能自体も、証券会社各社が用意している
スクリーニング機能の何倍も詳細に検索が出来るので、
E-BOOK販売終了から1年経過した後、
イザナミを購入した後は、証券会社のスクリーニング機能は使っておりません。


>6/14頁

>最低半年・・以来の○○高値

>これは、今日、年初○○を更新した銘柄を
>チャートで目視確認ということで宜しいでしょうか?

はい、そうです。
最近では○○証券のスクリーニング機能を使わずとも、
年初○○を更新した銘柄だけなら、
ヤフーファイナンスの「株式」から当日更新した銘柄を
一気に見る事が出来ますので、
そこから東証1部の銘柄だけコードをクリックして、
抽出されている銘柄のチャートをどんどん見て行けば良いかと思います。


回答は以上になります。

会社から帰ってからの返信でしたので疲労も多少あり、
時間は相当かかりましたが、勉強になりました。

中身に触れる部分は、購入者以外の方の目に触れる可能性がある為、
伏字にしている事をご理解下さい。

8年前の2006、7年時に執筆したE-BOOKを読み直す事が出来、
今ではかなり一般的になりましたが、
当時は、テクニカル指標を組み合わすという考えも
まだまだ少なかったのかなぁと思いました。

90%軸馬のブログにたまに書いていますし、
リンクのハッピースイングトレード研究所にも書いてますが、
イザナミを使い倒して、
10年以上に渡り、プラス収支を出している
テクニカルの組み合わせもいくつか見つけています。

その中から厳選して、E-BOOKとして公開しようかなとも
考えております。
ただ、あくまで未定ですので期待はせずにおいといて下さい。

それでは、これからも90%軸馬の方もよろしくお願いします。
おやすみなさい。
2014/03/12(Wed) 00:51 | URL  | 90%軸馬 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/03/12(Wed) 02:36 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。