データを駆使した軸馬予想を無料で公開中!軸馬は2002年から継続して、単勝64%、複勝90%以上です(いつの間にか10年超えてた^^;)皆様の投資競馬のお役に立てたら幸いです。90%軸馬でハッピーになって下さいね。  ※本家「90%軸馬」は私のこのブログです。最近増えてきた類似、もしくは「90%軸馬」の検索キーワードだけを謳った、私となんの関係も無いキーワードパクリサイトにご注意下さい。
今週の結果!
2016年10月03日 (月) | 編集 |
応援よろしくお願いします!!
人気ブログランキング  競馬ブログランキング

みなさん、こんばんわ^^
競馬関係のサイトの相互リンクの募集をしてます。

今週の90%軸馬の結果

10月1日(土)

阪神  5R-9番  1着!
サトノアーサー  川田

単勝 110円  複勝 100円  枠連(参考) 430円

という訳で、今週の90%軸馬の結果ですが、
同着での1着と言う結果でした。

90%軸馬のレース回顧は昨日書いたので、
川田騎手が届く目測を少しやらかしたのか、
サトノアーサーの末脚が川田騎手の思う程ではなかったのか
クラスの上がった次走が試金石と言う事で、割愛させて頂きます。

コラム的な話になりますが本日は先程まで、
凱旋門賞をグリーンチャンネルで観ていました。
今回の日本からの出走馬であるマカヒキの結果は14着。
個人的な感想で言えば、先行でも後方でも無い中途半端な位置で
外を回らされ流れがスムーズすぎて溜める脚を作れず失速。
失速と言うより、位置的に勝てない、末脚が無いと思ってからは
ルメール騎手は追うのをやめてた様に見えました。

今回のマカヒキの失速(追わず)は、
02年のマンハッタンカフェ(13着)の凱旋門賞での
左脚故障→引退を思い出してしまい心配になりました。
単純に追うのをやめた結果の失速だと良いのですが。

放送でのゲストの武騎手のレース回顧の視点が
勝った馬のオブライエン厩舎陣営(3頭出し)のチーム戦にやられ、
1頭だけのマカヒキは内に入れないのではなく、
外にしか進路を取れない様に誘導させられたのではないか。
(見た目はポストポンドを見ながらなので最外になった的な格好)

逆に勝ったファウンドは別の同厩舎の馬が有力馬を外へ誘導し、
更に目の前には同じチームの先行馬がペースメーカーとなり
内で十分脚を溜めれたのじゃないかな。という呟きにも近い解説でしたが、
なるほどなぁ~、武騎手自身も海外で国内で2万以上のレースで、
幾度と経験した事なのでしょう。
トップ騎手にはそんな感じに見えるのかと思いました。
(実際、直線であれだけ内に包まれていたファウンドの前が
 綺麗にドンピシャのタイミングで直線で開けましたので、
 ムーア騎手が裁くのが上手いのか、先行馬が開かしてくれたのかと。)

そう言う視点で見ると、マカヒキよりルメール騎手が
思う様にレースを進めれずモヤモヤし焦って見えるから不思議。
今後は日本馬も単騎で正々堂々勝てたらそれは最高ですが、
複数頭出しでレースを支配しコントロールする戦略も必要な時かも。
(グリーンチャンネルで観れて競馬の勉強になったな~と思いました。)

そう言う意味では、ただ1頭いきなり他馬と反対方向に展開した
デットーリ騎手の位置取りは凄まじいなと思いました。
流石は世界最高、レジェンドと言われる騎手だなと。
(勝ち馬と同厩舎ですのでそれすら元々決められていた作戦かもですが)
それで3着、複勝が840円ですか。
勝ったムーア騎手と3着デットーリ騎手
(欧州最高の騎手と世界最高の騎手)のワイドで2000円以上。
騎手で馬券を選んだ方はおいしく頂けたのかも知れませんね。

そして、1着から3着までアイルランド勢、同厩舎。
同厩舎はさておき、1着のファウンドを始め、
1着から3着まで父ガリレオ、サドラーウェルズ系。
ここまで偏るとやはりフランスの馬場はパワー型血統なのかなと。

例えるなら、日本の高速馬場は舗装されたサーキット場。
ディープ産を始め日本の馬は、サーキット場でタイムが出るGT-RやNSX。
フランスの馬場はラリーカーが走る荒れた路面、もしくは公道。
海外の馬は、そう言った道をガンガン加速する、ランエボやインプレッサ。
そんな感じでしょうか。
勿論、あくまで馬場の適正の例え話であって、
GT-Rがサーキット場以外の道でランエボに勝つ事もあれば、
インプレッサが、サーキット場でバカっ速って事もある訳ですが。
馬場適正が合わない馬が勝つには「規格外」の速さが必要なのかな。
(すみません、イニシャルD世代なので・・・)

ちなみに、日本のサドラーウェルズ系で歴代最強馬と言えば、
テイエムオペラオーだと思います。
確かに中長距離なら全て不問、重も良も馬場不問。
包まれても関係無い重戦車の様な加速力。
全盛期に凱旋門に出てたら・・・と少し妄想してしまいます。
とはいえ、日本のサドラー系で言えばメイショウサムソンが
08年の凱旋門賞で10着に敗れてますが。(不利受けたけど)

競馬にたらればは禁物ですが個人的には
凱旋門2着のオルフェーブルが国内のレースで
色々とやらかした結果負けた事以外で
2012年のJCで壮絶なガチンコ勝負をして勝った馬、
(不利を受けた受けないで、当時相当な議論が起こりはしましたが)
3冠牝馬のジェンティルドンナが全盛期の時に凱旋門賞に出ていたら、
日本馬の中で一番勝つ可能性があったのかなと単純な計算ですが思います
(ジェンティルドンナがディープの仔と言う日本競馬のロマンと期待も込めて)

しかし武騎手の解説通りに仮にチーム戦での戦略があったとしても、
勝ったファウンドの勝ち時計2分23秒61は規格外に速いですね。
(凱旋門賞といえば2分30秒台のレース。当然ながら今回レコード勝ちです)
今回のシャンティ競馬場は深いと言われている
普段凱旋門賞が行われているロンシャン競馬場より
更に深い芝と言われています。
日本の高速馬場で言えば、重馬場、ダートみたいな物でしょうか。
ちなみにコース形状に違いはあるものの、
参考までに同距離であるジャパンカップの勝ち時計ですが、
2006年 ディープインパクト 2:25.1
2012年 ジェンティルドンナ 2:23.1
2015年 ショウナンパンドラ 2:24.7 となっており、
ファウンドの勝ち時計が如何に凄い事か思い知らされます。

今までは、サンデー系に代表されるスピード型の日本馬が
パワー型の欧州馬と欧州の馬場に
どこまで挑めるかと言う構図だと思ってましたが、
ファウンド以下今回出走した上位の欧州馬は、
時計的にもスピードもパワーもある欧州馬という事になります。
そりゃ、あれだけの着差になるわな。と。

マカヒキ自体、皐月賞2着、ダービーハナ差勝ちと言う事もあり、
3冠を全て楽勝したオルフェーブルやディープ程のダービー馬では
無いとも言われていますし、
お姉さんのウリウリからも本来は短距離血統馬かもと言われています。

しかしながら、結果で外野があーだこーだとは好きに言えますが、
マカヒキを育てている人、マカヒキに関わる全ての関係者の苦労は
並大抵では無いと思います。
今年の3歳の頂点、日本の全てのサラブレッドの代表で出走したんです!
まずは、怪我や病気無く日本に帰って来て、
ゆっくり休ませて、また始動戦から楽しませてくれたらと思います。

また少し世界の壁、凱旋門賞の壁を感じてしまいましたが、
エルコン、オルフェ、ナカヤマフェスタ、2着までは来てるんです!
去年のキズナもマカヒキもG2ニエル賞、
オルフェーブルもG2フォワ賞までは勝てるんです!
頂点の瞬間は必ず来ると信じています!!
競馬の一ファンとして日本の競馬を応援して行きたいと思います。
(私、競馬だったら朝まで語ってしまう競馬大好き人間なんです^^;)

今週の90%軸馬も3着内の結果をもたらしてくれました。
しかし、今週の結果で一喜一憂するのは今日でおしまいです。

悪い結果もですが、良い結果も
ズルズルと引きずっていたら碌な結果に繋がりません。
勝って兜の緒を締めよ。

勝っても負けても、何も変えず
来週も淡々と打率9割のヒットを積み重ねるだけです。

おやすみなさいzzZ

~~~90%軸馬再販のお知らせ~~~

当サイトの90%軸馬の抽出方法の全てを記載した
PDFファイルのE-BOOKの購読を、再開しております。

こちらのページに、ご購読までの手順を記載しておりますので、
興味のある方はどうぞ、ご覧くださいませ。


~~~~~~~~~~~お知らせ~~~~~~~~~~~~~~

リンクにある「お小遣いサイト副収入データサイト」
アップしている月10万円稼ぐ方法の無料レポート大幅更新しました。

お小遣いサイトを利用して、
最小の手間で最大の効率を得る方法を書きました。
コツコツとお金を稼ぎたい方は、
どうぞリンクのハッピーお小遣いを訪問していただき、
PDFのレポートをダウンロードして副収入を得て下さい。
皆さんのお小遣いや、家計の足しにぜひして下さい。
無料レポートスタンドに登録してる訳ではなく、
 独自のHPにレポートを貼り付けているだけですので、
 簡単にダウンロード出来ます。

来週90%軸馬が出現する事を願って、
おやすみなさいzzZ
スポンサーサイト
テーマ:競馬の予想結果
ジャンル:ギャンブル
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/03(Mon) 05:36 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/03(Mon) 05:39 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/10/03(Mon) 10:13 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
無料アクセスアップツールWarp!-mini
URLを入力すると、誰かに閲覧されます。